札幌農学校(現在の北海道大学)の初代教頭ウイリアム・スミス・クラークが
1877年(明治10年)4月16日アメリカへ帰国の際に見送りに来た学生や職員
たちと別れた場所が北広島市島松駅逓所。
 札幌農学校一期生との別れでクラーク博士が
『青年よ 大志を抱け(Boys,be ambitious)』の言葉を残し、馬に乗って
旅立ったと言われています。
 現在、北広島には島松のクラーク博士との別れの地にレリーフは建立されて
いますが、札幌市羊ヶ丘展望台が別れの地と勘違いされている状況にあります。
 史実を正確に後世に伝えるため、種々の普及策を促進する目的に
「クラーク博士との別れの地普及促進会」を設立しました。
札幌市羊ヶ丘展望台に設置されている全身像

メニュー画面に戻る