中山久蔵翁2ページへ

メニュー画面へ

   中山久蔵翁小伝

                    中山 久蔵 翁(1829~1919)
                  資料提供:北広島市教育委員会


北海道に移住するまで

中山久蔵翁は、文政11(1828)河内国石川郡春日村(現在の大阪府南河内郡太子町春日)で農業を営む旧家松村家の二男として生まれる。17歳の時、家人の反対を押し切って家を飛び出し江戸に下った後、諸国放浪の旅に出た。
 後に本人は「何一つ得ることのなかった時代であった」と述べている。
 久蔵翁は25歳の時、嘉永6(1853)、仙台藩士片倉英馬の下僕となる。当時幕府は北海道がロシアに侵略されることがないように東北の各藩に警備を命じていた。仙台藩は白老に砦のような陣屋と呼ばれるものを作り、藩士を1年交代で100人住まわせ警備にあたらせた。久蔵翁は、嘉永7年(1854)仙台藩の命で白老に来る。その後、仙台と白老の間を往来するようになる。
 やがて明治維新を迎え、東北の諸藩は朝敵とされ藩地を大幅に削られ、過酷な仕置きを受ける。このような混乱の中、久蔵翁は明治元年(1868)仙台藩士のもとを辞し、静岡に居を移す。自分の半生を厳しく顧み、何一つ世に残ることができなかったことを恥じ、余生を蝦夷地(北海道)の開墾にささげようと決心する。  久蔵翁42歳のときである。       

北海道への移住

蝦夷地の開墾を決意した久蔵翁は明治2(1869)白老に来村し、翌年苫小牧に入植する。しかし、苫小牧は支笏樽前の噴火で厚く礫を含んだ火山灰で厚くおおわれ、また6月下旬から8月上旬にかけ海霧におおわれる日が多く、日照不足と低温のため農業には向かない土地であった。
 明治4(1871)、久蔵翁は肥沃な土地を求めて北上し、千歳郡島松(恵庭市)に入植する。初めはヒエなど雑穀類と現千歳空港付近で採取した山ユリの栽培をする。収穫までに持参した食料が尽きてしまい、野草や鹿ウサギなどの肉をたベて飢えをしのいだといわれる。雑穀の栽培に成功し、生活の目途が立った久蔵翁は、札幌郡月寒村島松(現北広島市)に移り、稲作に挑む(明治6年、1873)。